パソコンの中にボクセルという粒子の集合体があると思ってください。
ちょうど靴下の中に砂を詰めた様な状態で自由に変形する事が出来ます。
この「オムニ」という特殊なペンは、ボクセルを自由に削ったり盛ったり
することが出来ます。
リューターの様に削り
ワックスペンの様に盛り
さらには現実には不可能な、内部から表面を加工する
などと言ったことが出来ます。