平成19年4月実習生

まどか・20歳
山梨県立宝石美術専門学校卒業

(原文)
みゆき・20歳
北海道芸術デザイン専門学校卒業

(原文)


まどか(20歳)です。

山梨県から出てきて、4月1日から
東京都葛飾区にある(株)松村金銀店で
実習生として勉強をスタートさせました。
勉強しているのはライノジュエリーバージョンという、
ジュエリー専門のCADソフトです。
これから2ヶ月間、毎日の勉強の模様をレポートします。



山梨県の宝石美術専門学校を卒業し、
ジュエリーCADを使いこなすことを目標に(株)松村金銀店に
実習生としてお世話になることになりました!!

そして今日は実習初日でした!
初めてのことばかりでとまどいも多くありましたが、
何とか初日が無事終了してほっとしています。

学校で勉強してきたCADとは違う、
ライノジュエリーバージョンというソフトを使用しているので
同じ意味のコマンドでも絵が違ったり場所が違ったり…
覚えることがいっぱいです!!

今日はたくさんの例題を練習しました。
面を選択し、Loftというコマンドを使って
リングが出来ることにすごく驚きました!
これを使えば、腕が絞ってあるデザインのリングも
それぞれ断面を描いて、選択してLoftを押すだけで
簡単に出来てしまいます。
左右対称なデザインも鏡像の機能を使えば正確に作れます。

まだまだ覚えるコマンドも機能も多いですが、
これからしっかりと基礎を勉強し
正確なCADデータを作れるようになりたいです!
二代目みゆき(20歳)です。 

北海道から出てきて、4月1日から東京都葛飾区にある 
(株)松村金銀店で実習生として勉強をスタートさせました。 
勉強しているのはライノジュエリーバージョンという、 
ジュエリー専門のCADソフトです。 
これから2ヶ月間、毎日の勉強の模様をレポートします。 

3月に北海道芸術デザイン専門学校のクラフトデザイン専攻を卒業し、
学校の先生方や同級生、後輩、家族や友達に心配されながら、 
先月末に会社のある東京都に引っ越してきました。 

実習初日。 
ソフトに触れることが初めてだったのですが、 
分からないところもきちんと教えてくれるので、 
初めて聞くコマンドも、例題で次々出てくるので 
思っていたよりもパニックにならずに覚えられそうです。 

これから2ヶ月間でしっかり覚えていきたいと思います!!


今日は会社の皆さんに、
専門学校でどのようなことを勉強してきたかを発表しました。
デザイン科の課題であった企画を見ていただきました。


今日のCADは例題の続きからでした!
出てくるコマンドはどれも昨日より難しく、果たして応用できるのか不安です。
でも頑張ります!!

昨日も使用したコマンドが出てくると
「これはどんな例題の時に使用したコマンドだっけ?」
と考え、まだ時間はかかりますが少しは思い出せるようになりました。
毎日CADに触れ、早く使いこなせるようになりたいです!!
今日は昨日に引き続き、例題をやっていました。
朝から昨日の復習ビデオをみたり、
同じコマンドを使ったりしていたので、
コマンドの名前も分かってきました!

しかし、指示通りに私が動いていないと
すぐにおかしなことに。。
そのため、今まであまり使うことのなかったEscキーを
使う機会が増えました。

明日はまた違うことをするみたいなので、
ドキドキとハラハラです。。

明日も頑張りたいと思います。


今日は与えられた課題をこなす自習でした。
甲丸リングと月形甲丸リングはこれまでのコマンドで多少簡単に作れました★

そのあとは画像を取り込んでのデータ製作でした!!
スキャナーで取り込んだデザイン画をライノの上面図部分に持ってきて、
上から曲線をなぞってリングを形作ります!!


やはり人の手が描いた曲線・直線なのでなぞるのがとても難しく、
今日やった課題はシンプルなデザイン画でしたが
これが複雑になったらすごく大変そうって思いました。。
そこをうまく出来るように、早く上達したいです!!

ライノはすごく便利なコマンドがいっぱいで、
全部を覚えて使いこなせるようになったら
どんなデザインでも形作れるような気がします!
そのために私の腕も上げなければ…

明日は新入社員研修に行きます!
今日は社長が会議だった為?いつもと違う課題でした。
今日は説明を見ながら自分で1からリングを作ることなど、
画像を見てリングを作るなどしました。

パソコンで立体がおきるというのは。。
やはり時代がたつにつれて色んな技術は進化するもの
と、東京に来て日々思います。笑

金曜日に、今日やった宝飾のテストの答え合わせです。
いざ文章などかしこまったもので聞かれると、
何がなんだかさっぱりでした。。

来月の連休明けからは、
自分でデザインをしたリングをライノで作ることが
始まるそうです。。
デザインどんなものにしようか今日から考えなくては!!



昨日は丸の内にある東京商工会議所で新入社員研修を受講しました!!

会場には約110人の新入社員の皆さんがいて、6人ずつの班を作り、その班で
与えられた課題を考えたり話し合ったりしました。


学習した内容は、

・学生時代と社会人の相違点(時間、服装、取り組む姿勢、言葉など)
・応接室やタクシーの座り方
・礼の種類
・敬語の種類
・電話の対応
・訪問者への対応
・頼まれたことはメモする、復唱するを心がける

などでした。

実際にみんなで役を決めて訪問者の対応を行ってみたり、
隣の席の人と名刺交換の練習もしました!


「早く職場に慣れ、信頼を勝ち取った後に自分の能力で
出来る限りの仕事をこなす」という講師の方の言葉が印象に残りました。

まだ学生気分が自分の中に多少残っているということを改めて感じ、
社会人の自覚をしっかりともたなければと感じました。

朝から、電車に乗り東京商工会議所で行われている、
新入社員教育講習会に参加してきました。

参加者110人14グループに分けられ、
その中で役割を決めてみんなで話し合ったりしました。

講習内容は、社会のルールや礼、言葉遣い、
来客の対応の仕方、電話応対など基礎的なものを教えていただきました。

行ったとたんから、知らない人たちと自己紹介。。
みんな、もちろん自分も緊張して何を言っているのか、、
けど、話し合いなどを通していくうちに少しはその会場の雰囲気や、
周りの他社の参加者に慣れたかなと思います。

しかし、普段?今まであまりしてこなかったことや、
周りへの気遣い?など緊張で、かなり疲れました。


今日は社長から送られてきたメールに添付されている画像を
データに起こす作業でした!!

上面図に画像を貼り付け、上から曲線でラインをなぞります。
その後断面を描き、先ほど描いたラインに沿って断面を移動させ、
リングを形作ります!!
線と線をぴったりとくっつけるのが難しいですが、
OsnapのEndという機能を使えば自動で線の終わりの部分にクリックできるので
すごく便利でした!!

左右対称のリングを作るのはなんとなくコツがつかめてきたような気がしますが、
左右非対称だと上手くできないことが多いので
もっとたくさん練習しなければと感じました。

午後の課題はひとつめからつまずいてしまい、
結局出来ないまま時間が過ぎてしまいました。
月曜日にしっかりやり方を聞いて、覚えたいと思います!!

今日は水曜日にやった試験問題の採点でした。
それはもう。。ひどかったですね。
合格には程遠い・・・汗

そして、今日は午後からの応用?課題が難しくて、
ふたりで悩みました。。
が、しかし、一生懸命考えて、
パソコンに向かい悪戦苦闘。
結局ほとんど分からなく
来週月曜日に社長に聞きたいと思います。

そして、しっかり覚えなくては!!!

1週間。。
はじめてばかりで緊張・・・
来週からまた頑張りたいと思います!!!



今日は先週完成させることが出来なかったリング4点のデータ作成でした!!

丸みを帯びたリングの断面を作るのに苦労しましたが、
2レールスイープのカーブを変化させることによって簡単に出来ました!!
金曜日あんなに悩んだのに…


でも悩むことが重要!って社長も言っていたし!!
いっぱい悩んでしっかり覚えます!

金曜日に初めからつまずいてしまったせいで取り組めなかったあと2つのリングは、
緩やかな曲線が交差しているようなデザインでした!

今までは2レールスイープでも断面が1つあればなんとか形作れましたが、
やはり曲線で少しねじれているような形状だとうまくいきません。
そういう時には断面を増やして形状をなめらかにするのですが、
その断面を作るのが大変…


と思っていたら、Sectionというキーを使えば
立体から断面を簡単に作れることが分かりました!!
このコマンドはとても便利
これからたくさんお世話になりそうです!!

今日は金曜日の続きの課題をやりました。 

レールの引き方ひとつでリングの量が変化していくので、 
レールの引き方をきちんと考えて、 
そしてさらに、断面の数や置く位置など 
きちんと考えてようやく、デザイン画のリングが出来上がると。 

画像のリングの作り方が半分くらいは 
自分で考えて出来たのですが、右腕の浮いているのが 
なかなか作り方がわからなくて。。。 
しかし、やり方を教えてもらってすぐに出来ました☆ 
リングのサイズ棒の上にさらに基準になる面を作って、 
あとは同じ様につくっていけば、 
重なったものができるんですねぇ。。 

応用していくのもなかなかおもしろいです! 

/
10
今日は石座付きリングを作成しました
造形したときに爪が取れてしまわないように、
石座に爪をくい込ませる作業をしました!!

その時Moveというコマンドを使用すると
指定した距離だけ立体が動いてくれるのでとても便利です


レンダリング図をより本物に近く表現してくれる「フラミンゴ」というソフトの使い方も
少し教わりました

今回はPtとK18を使用し、背景には夕日の絵を使ってリングに映しました!
背景があると本当の金属のような光沢が出て、
自分が作成したCADデータが上手なんじゃないかと
錯覚してしまうくらい美しく見えました(笑


明日も頑張ります(´∀`)

今日からビデオを見ることが始まりました。
今日はプラチナ宝飾品の作り方というビデオでした。
製作過程はいつ見ても面白いです!
ビデオの工場は、専門学校で使った機械とは
比べ物にならないくらい大きい機械。。
やはり、工場と工房とでは規模が違いますね。笑
鑑賞会の後は、1レールと2レール、ロフトで作った場合。。
それぞれにあった形?作れる形を自分なりに研究しました。
やはり、2レールはとても便利で、
デザイン画に沿ってレールをひいて断面を作ってあげれば
ほぼ理想の形になりますからね。

今日出た課題は石座付きリングでした。
作り方の説明付だったので、何回か作って復習しました。
そして、今日最後に、フラミンゴを使った画像保存の仕方を教わりました。
普通に画像を保存するよりも、リングがより金属的に見えるので
今度からはフラミンゴを使って画像を保存して、
ブログにアップしていきたいと思います。

前日の画像とは比べ物にならないくらいきれいに見えます!笑


/
11
今日は脇石付きのリングに挑戦しました!!
石座の下に不要なリングの腕を作らずに済む方法がわかってよかったです!
断面を描き、2レールスイープで立体を作りました!!


その後は中石の石座が少し絞られているデザインのリングを作りました。

しかし…

結果として全然上手く出来ず、これからがすごく心配になりました(´∩`)
明日しっかりやり方を覚えたいです!!

今日のビデオは宝飾品の作り方入門編を見ました。
専門学校に行っていたころを思い出す内容でした!

鍛造、、、

シルバーと銅をバーナーで溶かして地金を作るところとか、
ローラーを引いて地金を伸ばしたり叩いたり…
銀線とか、プレートとか自分たちで作っていたんですよね。

とても懐かしく思いました!笑

今日の課題は、昨日の石座付リングの少し複雑なものでした。
リングの腕も少し変わった形で、
さらに、石座が斜めのものだったり。
あとは、デザイン画をスキャナではなく、イラストレーターで
作ったものをライノで組み立てたりという課題をしました。
イラストレーターで描いたデザイン画だと、
あいまいな線がないので線を引いたりするのには作りやすかったかな?
と思いましたが、パソコンに慣れてない?のなら
イラストレーターでいきなりデザイン画を描いても
きれいなラインは引けないかなと思いました。
専門学校に通っていたときに、イラストレーターを使っていたので。

今日の課題リングです。


/
12
今日は透かし模様の入ったリングと、
二つのリングをくっつけると一つのリングにもなるペアリングの製作でした。

透かし模様のリングでは、リングの外側の面の円周の4分の1の範囲に模様を作り、
それを回転配置のコマンドで4つ並べて制作しました!!

まずリングの枠となるものをつくり、
そこに模様を描いてオフセットという面の立ち上げコマンドを利用して
模様を立ち上げました!!
このオフセットというコマンドは普通の立ち上げと異なり、
まっすぐに立ち上げないで
リングのカーブに沿って立ち上げてくれる優れものです。


ペアリングは、断面がやや大きめの平打ちリングに波のような曲線を描き、
それをロフトコマンドで面にして、立ち上げコマンドで立体にしました!
そしてそれでリングを切り取り、もうひとつ同じリングをコピーして
ペアリングの完成です。

今日の朝のビデオは昨日の続編の中級編。
石留め、立爪の製作の仕方でした。
素材はプラチナなのに、見てるととても簡単そうに
素材を伸ばしたり曲げたり。。。
やはり、経験ですよね!
最初の頃は角材を作るのにも一苦労しました。
ビデオの一級技師の方のようにきれいな角材にはならず、
ひし形になったりとうまく出来なくて、
何回もなまして、何回も叩きました。

今日から、ライノ4.0を使い始めました!
今まで、2.0を使っていたので、コマンドの絵柄も機能も新しく、
あと、オックスペッカーもはじめて使いました。
オックスペッカーは数値入力するだけで、
欲しい断面や石座をすんなりと作ってくれます。

今日の課題は、昨日の脇石リング製作と、
すかしリング、ペアリングをやりました。
画像保存もフラミンゴ機能できれいに保存できるので、
作っていて楽しいです!!!

今日知った新しい知識。。。
ライノを使っているときに「F2」を押すと、
今までやってきたコマンドや、数値が出てくるんです!
だから、ライノで距離や角度を測って、オックスペッカーで
数値入力すると、ちょうどいいサイズの断面などを出せるんですねぇ。
便利な機能です。

/
13
今日は三面図で描かれたデザイン画からデータ作成をしました!
今までなかった右側面図にデザイン画があると、
そちらのほうも注意しながら作業をしなければならなかったので大変でした。


厚みや断面の形状など、
デザイン画を見ただけではまだわからなくて力不足を感じました。

ライノを始めて2週間が経ちました!
コマンドなどは大分覚えてきましたが、まだまだ応用力がありません。

また来週も頑張っていきたいです!

今日のビデオはとうとう上級編!
エメラルドとテーパーダイヤのリングでした。
ダイヤの細かさにびっくりしました。。
テーパーダイヤの石座を糸鋸で一つ一つ切って作っていましたが、
もう、気の遠くなる作業ですよね。

見終わった後は、
平打ちデザインリングを作りました。
面を作ってから、Bentで円に沿って丸くする方法で作成しました。
それが終わったあと、今までのデータを移動したりしていました。

午後からは新しい課題で、
三面図から読み取ってリングを作ることをしていたのですが、
曲線曲線で、ごちゃごちゃしてしまって。。
よく考えて、読み取ってから始めなければ、
無駄な線など、形がガタガタになってしまったりと
きれいなものにはなりませんね。


/
16
今日は先週出来なかった、三面図を見ながらのデータ作成の続きでした!!
次第に断面をぴったりと合うようにかけるようになり、
立体にしたときにガタガタした感じが減ったように思います!


その後はファッションリングの製作でした。
デザインが可愛いのでデータを作っていても楽しいです。
9つもあるのでまだまだ終わるのは先ですが…
一つ一つ細部にも気を配りながらデータ作成していきたいです!

今日は先週金曜日に終わらなかった課題をまずやりました。
なかなかデザイン画のようにならないです。

それから、デザイン画の描き方というビデオを見たのですが、
石の描き方から金属の描き方、
着彩の仕方を丁寧に教えてもらいました。
専門学校のときも少し教わりましたが、
ハイライトの入れる箇所や影のつけ方が難しいんですよね。

それから、午後からはファッションリングの
デザイン画、上面図と立体図から読み取ってという課題でした。
1つ目はリボンのようなリングで、
断面の頂点を少しへこませた断面を作ってあげると、
リボンの帯のような腕が出来ました☆

どんどん細かいデザイン性のあるリングになってきたので、
きちんと読み取る能力も向上させなければ!
と思った1日でした。


/
17
今日は昨日のファッションリングの続きをやりました。
今日挑戦したデザインは、
まず平打ちリングを作り、そのあと甲丸形の立体をリングに沿って曲げ、
ブーリアン演算で引いて作りました!!
そのあと余分なところを引き算で制作したのですが…
うまくいかない…

なんとか引き算しましたが、
よぉ〜く見ると角がたってたり…商品にはとても出来ません(>_<)


次の課題は複雑な曲線が入り交じったリング…
明日には完成させたいです!

今日は、会社の工場見学をしました!
ビデオの入門編で見たような、溶解をしていたり、
大きなローラーでシルバーを伸ばしたり、線を作ったりしていました。
CADの部屋と工場とでは別世界でした。笑
この間、会社の歓迎?ボーリング大会くらいでしか
お会いしなかった社員の方々がそれぞれペアを組んで、
担当の作業していました。
いろいろな機械があって楽しかったです♪

工場見学を1時間位してから、
いつものように課題をしました。
今日は昨日の続きのファッションリング。

くぼんだところや、切り取ってある部分など、
苦労しました。。
が、やっぱり、後から考えると簡単なものなのかな?
とも思います。
平打ちリングを作って、その上に、甲丸型の棒を作り、
ベントで円に沿って曲げて、引き算をしたら簡単に、
くぼんだ溝が出来るわけです。
そして、三角形の面を立ち上げてまた引き算して切り取ったら
出来上がりです。
その、どうやって作るかを考えたら、
意外と簡単に出来てしまうのかもしれません。


/
18
今日の学習ビデオは「宝石の基礎知識」でした!!
宝石とは何なのか、形成する鉱物、それぞれの特性などを勉強しました★
宝石学校時代の宝石学という授業に似ていました。

CADのほうは昨日の続きのファッションリングでした。
様々な曲線が入り交じったリングは作るのがとても大変でした…
うまく覆い被さってくれませんでしたが、なんとか形になりました!
もっと頑張ったらもっと美しい物が作れるはず!
9つのファッションリングがすべて作り終えられたら、
また作ってみようと思いました!!
画像のデザインは、左側の4つの断面が下の方で
上手くつながってくれず困りました。

レンダリング図で見ると出来ているように見えますが…
しっかりとくっついていないのでまだまだ駄目です。。


午後からは文化組合の展示会を見学させていただきました!!
いろいろなジュエリーを見ることが出来て、すごく勉強になりました★
展示会場にはライノとはまた別のCADソフトがあり、
操作しているところを見せていただきました!
それぞれソフトによって特性があって、
やはり使いこなすのは簡単ではないなぁと感じました。

明日からも頑張ります!!

今日は宝石の基礎知識のビデオを見ました。
宝石と呼べるのはどんなものかや、種類、カットの名前、
ダイアモンドやルビーなど個別にどんなものかなどでした。
今まで、宝石にはほとんど関わって来なかったので、
知識のない私には為になるビデオでした。
一緒に見ていた、まどかは学校で習った、覚えたなーぁなど
言っていたので、少しうらやましかったです。

今日の課題は引き続き、ファッションリングです。
画像でもアップしてきましたが、
断面をどこに入れたら良いのか、これは1レール?2レール?
どっちで作ったらよいのかなど、考えながら頑張っています。

上の画像のリングは、この間の課題でやったリボンの様なリングを
少し応用したリングでした。
下の画像のリングは、腕の下側がどうなっているか分からないので、
少し悩みました。




午後からは、日暮里で行われた文化組合展示会を見学してきました。
フレッシュマンデザインコンテストの作品もあって、
とても興味のあるものがずらりと1フロアを埋め尽くしていました。
ビデオに出てきて作り方を教えてくれた方もいて、ビックリ!
業界の方々がたくさんいたので緊張しました。
けれど、作品、商品をじっくり見れたので、とても勉強になりました☆
しかし、ジュエリーを見ていて、これは2レールで、鏡像反転で
作れるねなどと、一緒に行っていたまどかと言っていて、、、
これは軽い職業病でしょうか?笑

/
19
画像のリングは左側の部分がひねってあって、
単純な2レールスイープだとうまくできませんでした。
断面を追加してもガタガタしてしまうし…

そこで新たな機能を教えていただきました!!
断面を2カ所ほど作り、普通に2レールスイープします。
そして確定したあとに画面上に出る「スラッシュの追加」をクリックします!
そこで、ひねってあったりして滑らかに立体が作れない部分をクリックすると
新しく断面が追加されて滑らかになります!
これは便利な機能でした〜


いよいよ9つ目のファッションリングに取りかかったのですが…
これが難問。
どんなに悩んでも答えが見つからず、
方法を聞いてそれ通りにやってもうまくいかず…
明日は完成を目指します!

今日は引き続きファッションリングの課題です。
ファッションリング6のリングの頂点で腕が重なっているのが、
なかなかうまく出来なくて苦戦しました。
7,8は6よりはまだ悩まなかったのですが、
ファッションリング9になるともう!!
2レールでは作るのは難しいと言われていて、
何で作るんだろうとお昼から悩んで、
3レールって言う機能がもしあったら、どこにレールを引く?
というヒントをもらい、また考えましたが、
なかなか分からなく、色んな形の断面を作っては消し、
作っては消し・・・
作り方が、2レールから離れなかったのが、悪かったみたいで。
初めの頃にやった、イルカを作るときに使った
Csecを使って作るんですねー。

今日はそこまでやって、おしまいです。

画像は、上で書いたファッションリング6です。


/
20
今日は9つあったファッションリングの最後のデザインを完成させました!!
近くで見るとまだガタガタしている部分もありますが…
一応形にはなったと思います。
あまり馴染みのなかったロフトコマンドを使用してデータ作成をしたので、
いろんな新発見があってよかったです。


そのあとは、まだ使ったことがないライノのコマンドについて勉強しました!
本当に便利なものばかりでびっくりです。
使っていけばどんどん覚えていけると思うので、
これからいっぱい使っていきたいです!

今日は昨日悩みに悩んだ、
ファッションリング9を完成させました

Csecで断面を入れていくのですが、
レールに垂直になるように入れるのがポイントなんですね!
あと、シームと言って、ロフトなどするときに出てくる
矢印と点を断面の中心に持ってくるときれいに出来るみたいです

今日はそういったきれいにうまく出来るポイントを、
ライノビデオレッスンを見て勉強しました。

ブーリアンが出来ない
と悩んでいたことが、すっきり解決されました!!
ブーリアンの中に入っている、ブーリアンではなく、
ジュエリーツールに入っているブーリアンを使えば。。。
きちんとブーリアン出来るんです。

なるほど、なるほど!

画像はファッションリング9です。


/
23
今日は6つのリングを作りました!!
いろいろなことを一気にやったので頭がパンパンです…


その中の一つに裏抜きされたリングの製作がありました。
手作業での裏抜きは均一に抜くのが難しく、大変な作業です。
でもライノなら数値を入力するだけで均一に抜けるので本当に便利です!
リングの外側のラインをそのまま縮小したサイズがつくれる
オフセットコマンドはとても便利です。


画像のリングは今日覚えたばかりの飾りの作り方を使用して作りました!
正面図の向きを変えて作業するのが難しかったです…。

今日は課題の修正と、石付リングをやりました。
修正するのに、少し苦労しました。
ビデオを見ながらやっていたのですが、
断面を入れてロフトするときに、
どうも形が崩れて、ねじれてるというのでしょうか?
そんなことになって、何度もやり直して。。
ブーリアンの謎も先週解決されたはずなのに、
出来なくて。。先週そのリングをやったときは、
出来なかったので、キャップして引き算しました。

課題はどんどんレベルアップしていきます!

今日やった石付リングも、
飾りの作り方などが、今までとは少し違って。
けど、リングの腕の断面を使って飾りを作るので、
リングにきちんとあった形になるので、出来上がりがきれいです



裏抜きリングの課題もやったのですが、
リングのレールを内側にオフセットしているので、
形も沿っていて、厚みも均等なので裏抜きがすごくきれいです!!


/
24
今日もいろいろなリングのデータを作成しました!!
段々と「ジュエリー」という感じのデザインが増えてきて、
作っていても楽しいです。

リングの上に飾りとして地金の線が乗っているデザインが多かったのですが、
うまくロフトコマンドで飾り部分がつなげられず苦労しました。
画像のデザインも飾り付きです!!
この場合リングの腕の一番端の断面を同じ場所にコピーし、
制御点の数を減らしてなだらかな曲線にしてロフトでつなげるといいみたいです。

今日は画像から読み取ってリングを作りました

石枠もリングの腕の部分も凝ったもので、
大変でした!!



このリングの石座を支えるところが難しくて。。
どうやったら出来るのか。。と悩んで、
私が使った方法は、楕円で引き算しました。



このリングは腕の断面が変化しているので大変でしたが、
前日にやった方法を使いました。
がたがたの断面をコピーして、そのがたがたを
甲丸型にして石座まで作ってジョイン、ブーリアンしました。
あとは今までやってきたことをつかえば簡単?にできました!

/
25
今日は昨日の続きの取り巻きリングを作りました!!
一見取り巻きの外側のツメを指なじみに沿って配置するのが難しそうですが、
一本ツメのラインを作り、それを2レールスイープでお椀のような形にします。
その後それにあうように12本のラインを作って、
projectコマンドでお椀に貼り付けます★
重なった部分をパイプコマンドで立体にすれば完成です。


リングの腕も豪華な雰囲気で、
すごく高そうなジュエリーを作ることが出来ました。


この課題が終わった後は、レンダリングソフト「Flamingo」の練習でした!
様々な設定があり、まだまだ完璧には覚えられていませんが…
完成したレンダリングは本当にジュエリーを写真に撮ったような綺麗さでした!!
写真が1枚しか載せられないので今日はお見せできませんが…
また機会があれば載せたいと思います。

今日は昨日の途中だった取り巻きリングからはじまり、
フラミンゴを更に活用した画像データを作りました

取り巻きリングは、今までの石付リングとは違って、
指なじみを作り、更に指なじみに沿った
爪を作ってリングにする課題です!
石座を配置するのも少し苦労しますが、、
爪の数も考えてやっていかないと、
出来上がったときに爪の数が多くて、大変なことになってしまいます

今日の画像は、フラミンゴを今までより更に活かして、
より本物に見えるようしたリング画像です。

金属部分や、石によっても自分で設定して、
鏡面仕上げのようにしたり、梨地のように出来ます。
一度、少し苦労しますが、設定をして保存をしておけば、
何度でも使えるので、設定してみたらどうでしょうか?




/
26
今日は石がたくさんついたリングのデータ作成でした。
マーキース石の石座を作り、それを取り巻きのような形で配置しました!!
一つ一つ角度をつけるのが難しく、
うまくいったと思ったら中石の石座にしっかりとくっついていなかったり…。
苦労しました。


課題も段々と難しくなってきて、
集中しているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
まだ課題の段階ですが、
これが商品になっても問題ないように、という気持ちで日々頑張ります!



レンダリングソフト「Flamingo」を使用した画像です。



今日制作した2つめの課題です。
地金が入り組んだデザインに石がたくさん留められていて難しかったです。

先日やった取り巻きリングです。
脇石の爪の数や位置、そして、指なじみに沿って作る
一番外側の少し太めの爪が少し大変です。
けど、これを覚えると、とても便利だと思いました!
指なじみのあるリングと、
引き算で抜き取るリングとでは、
指にはめてからもそうですが、デザインも色々考えられますし、
重量も違ったものになります。



今日のやった課題の中の、石付リングです。
石の形が3種類あるので、石座も3種類作り、
それぞれ配置していく作業が大変です。
腕も少し形が変わってますし、その腕に石が隠れないように、
そして、きれいに見えるように配置していくことが難しいです


/
27
今日は波のような線が入り組んだリングを作りました!!
制限時間1時間半で頑張りました!
それぞれの線をパイプコマンドで作り、
交互に配置してリングを作りました。

手作業では制作するのが非常に困難だと思われるリングでも、
CADを使ったらたった1時間半で出来てしまう…びっくりでした。



そのあとは少しだけ仕事をお手伝いして、
また課題に取り組みました!!

次の課題はハート形のリングの上に石をパヴェ配置するというものでした!
オスナップを活用し、下穴もちゃんとあけられました。
これもまた手作業では作るのが大変…
今回はうまく配置できなかったので、また次回頑張ります!!
パヴェリングです!

今日はいつもと課題の進み方が違って、
まず、レンダリングから読み取って、
どうやって作るのかを自分で考えて、リングを作りました。
そして出来上がってから、そのレンダリングをどう作ったのか
解説を見るという進み方でした。
そのリングが下の画像です。



そして、今日は少しだけお仕事を手伝いました。
リングではないものを作るのが初めてだったのですが、
今までやってきたことをいかせたと思います

それをして、また出された次の課題をやりました。

今日最後の課題は、
ハート型のリングに石を並べるのと、
ブーリアンで穴を開ける作業だったのですが、
石をきれいに並べるのがとにかく難しい!
これは練習していかないとコツみたいのが分からなさそうでした。

/
5月に入って最初の課題は、爪留めがあるジュエリーでした。

初めてペンダントを作りましたが、
正面図、上面図からの見方がリングと違うので始めは戸惑いましたが…
なんとか完成できました。



リングの方は中石の左右に飾りとして石が留められているデザインです。
最初にリングを作り、その後ブーリアンの引き算で
へこんでいる部分を抜いたのですが、ちょっと長く抜きすぎてしまいました。

そのカーブに沿って下穴を開けるのが難しかったです 。
明日も頑張ります!!



もう一度パヴェリングをやり直した結果、
今度は綺麗に配置することが出来ました!!



前回載せられなかった石付きリングのその2です。

先週終わらなかったハートリングから課題をはじめました!
ペヴェが難しくて、、石の間隔や、穴を開けるための円柱が
うまくブーリアンできなくて
午前中をハートリングに使い果たしてしまいました…。
その結果のハートリングです。
きれいに配列出来るようになるのは、まだまだ先です。。



そして、午後からは爪留めの課題に入りました!
初めて課題でネックレス、トップを作りました
まぁまぁ、、のような気がしますが、
またこれが、石に苦戦しました
どうやったら、もっと石をきれいに見せることが出来るのか…
課題が残りました



その後の、爪留めのリングも完成させて今日はおしまいです!


/
今日は地金がリングの腕に巻き付いたデザインを作りました。
螺旋を描いてくれるHelixコマンドを使用し、
それをパイプで立体にしたのですが…
これだとリングの内側にも螺旋が出てきてしまい、
ブーリアンしなければなりません。

そこで「倉庫」ツールの中にある「Set Pt」というコマンドを使用します!
これはたくさんある制御点を一回で同じ方向へ移動させてくれるものです。
断面からリングの腕と巻きつく地金を作り、
側面で円状になっている断面を半月状にして、Bendで曲げれば完成です!!



こちらのデザインは途中でリングの腕が分かれていて、
しかも石を留めるために少しへこんでいるところを作るのが難しかったです。



以前載せられなかった、フラミンゴを使用した画像です!
表面の梨地仕上げまでしっかりと表現できます。

今日朝一の課題は、巻き付きリングを前回のように、
先に自分で作り方を考えてやる課題でした。

やはり、まだまだ自分で良い方法を見つけることが出来ずに、
悪戦苦闘していました。
私はこのリングのデザイン画を見たときには、
縄目リングだと思っていて、こんなに巻きついている形だとは思わなくて。
そして使うコマンドも、バネのコマンドではなく、
蚊取り線香のコマンドを使うのかと思っていて…
ビデオを見ると全く違っていて、、
もっと柔軟に考えなくちゃいけないなと思いました。

その課題のリングが下の画像です。



このリングの課題で出てきたコマンドが、
SetPTというコマンドで、
F10キーでポイントを選んで、線を調節するときなどに
このSetPTコマンドがとても役に立ちます!
選んだ複数のポイントをX軸、Y軸、Z軸どの方向に動かすのか、
選択出来て、その選んだ方向軸だけに動かすことが出来ます!
また、動かしてもブーリアンの引き算などで抜くのとは違って、
角が丸くなります。
なので、この課題リングのように、展開図からリングを作るときには
とても便利なコマンドかもしれません。

次  へ