マルチジェット式造形出力のしくみ
224個並んだヘッドから青い製品用
のワックス粒子を造形ベース(プラッ
トフォーム)上に噴射、入れ替わりに
周囲および空洞部にサポート材を同じく
224個並んだヘッドから噴射します。
一つの面の造形が終わると熱ローラー
を押しつけて表面を平らにならします。
その後ヘッドが積層ピッチ分だけ上昇
し、次の面の造形を行います。
インクジェットでは側面に積層の段差
である凹みが見られますが、マルチジェ
ットでは熱ローラーでならした出っ張り
が見られます。